みみ・はな・のどの病気

小児の滲出性(しんしゅつせい)中耳炎(ちゅうじえん)について

滲出性(しんしゅつせい)中耳炎(ちゅうじえん)とは、中耳に水が溜まり、耳の聞こえが悪くなる病気です。ただし、急性中耳炎のように痛みや、発熱を伴うことはありません。

好発年齢

1~6歳ごろ

症状

主な症状は難聴、耳閉感、耳鳴、自声強調(自分の声が耳に響いて大きく聞こえること)

  • 乳児→耳をいじる。ぐずついてよく泣く。
  • 幼児→言葉の発育が遅い。怒りっぽくよく泣く。
  • 年長児→呼んでも返事をしない。聞き返す。テレビの音を高くする。テレビに近づいて見る。
  • 学童→落着きがない。協調性がない。学業不振。内向的。

発症

急性中耳炎や上気道感染症、すなわち鼻やのどの病気が大きく関与していることが分かっています。急性中耳炎は風邪などに併発し、治療により大半は短期間で治ってしまいます。しかし、幼少期では、免疫などの生体防御機構が未熟でかつ、耳管の機能が悪いため、中耳腔に貯留液が残ったままになってしまう場合があると考えられております。また急性中耳炎の不完全な治療も問題となります。滲出性中耳炎は、言葉や精神的発育に大切な時期に発症するので、こどもにとって重要な病気です。

診断

鼓膜所見、鼓膜の可動性が分るチンパノメトリーという検査で幼少児でも比較的容易です。仙台市では3歳児検診や小学一年生の中耳検診に検査取り入れられ、滲出性中耳炎が早期に発見されるようになってきました。

正常右鼓膜
液の溜まった左鼓膜

治療法

  • 薬物療法、通気療法(耳管から空気を送る)などの保存的療法
  • 鼓膜切開、チューブ挿入、アデノイド切除などの外科的療法

年齢・症状・罹病期間などから、最も適切な治療法が選択されます。

チューブが入った鼓膜

滲出性中耳炎と診断されたら・・・

  • 大部分は後遺症もなく治りますが、再発することもあるので定期診察を受けましょう!
  • 再発をくり返し長期間に及ぶ例もありますが、放置するとより高度な病に進行することもあるので、医師と二人三脚で根気よく治療に取り組みましょう。

みみ・はな・のどの病気の一覧を見る

神林耳鼻咽喉科医院(仙台市青葉区)

診療科
耳鼻咽喉科、アレルギー科
診察時間
午前:9:00~12:30 午後:14:30~17:30

第2・4水曜日休診

最終来院時間は、受付時間終了時とさせて頂きます。ご予約されていても受付時間(午前12:30・午後17:30)までにご来院されない場合、取り消しとさせて頂くことが御座いますのでご注意下さい。

休診日
水曜日午後、土曜日午後、日曜日、祝日、第2・4水曜日

〒981-0952  宮城県仙台市青葉区中山4-25-22

  • 市営バス「中山6丁目」バス停から徒歩3分
  • 駐車場20台(無料)